シルク肌着、シルクパジャマ、シルクインナー、シルク雑貨 企画・製造・販売
                                      夏は涼しく冬は暖かい、シルク100%のこだわりデザイン 株式会社ルルル・京都 【ルルル・シルク】







シルクで快適生活応援セール♪夏はシルクが一番快適♪ お得なセットをご用意しました♪最大30%引きです♪ 

 
    
 
ルルルロゴ
 

ルルル・シルク製品

シルク100%羽衣ショーツあなたのもう一枚の皮膚のように、スッと体に馴染んでくれる、懐かしい未来の着心地
ルルルについて

 

ルルル製品の特徴

 

シルクのあれこれ

 

Contents

定休日 
臨時定休日
 
【 営業日14時までのご注文分は当日に発送いたします。 】
HOME»  お得なセット商品♪»  高級シルク100% ショーツ深型 お得な5枚組 レディース 厚手 洗濯機OK 冬の冷えを解決 お腹周りと腰を優しく包む カラー:黒 ベージュ ピンク サイズ:M L XL 冷え取り 敏感肌

高級シルク100% ショーツ深型 お得な5枚組 レディース 厚手 洗濯機OK 冬の冷えを解決 お腹周りと腰を優しく包む カラー:黒 ベージュ ピンク サイズ:M L XL 冷え取り 敏感肌

         シルクショーツ

夏の蒸れや、冬の冷えをシルクのショーツで解消しませんか。安心の深型です。

                             


                            


  • 日本人がショーツを履き始めた歴史は、実はこの100年以内のこと。
    それまで女性は腰巻という布を巻いていました。

    鼠蹊部を締め付けないことは、血液やリンパ液の巡りを良くし、とても体に良い事なのだそうです。
    ルルルの羽衣ショーツは、生地を惜しまずたっぷり使い、良質なシルクでシンプルなデザイン
    まさに履いていないかのような着心地を実現しました。

    それはまるで、あなたのもう一枚の皮膚のように、スッと体に馴染んでくれる、未来の着心地です。



     


    写真のショーツのサイズはXLです。伸縮性があり、ヒップ部分が115cm~120cm程です。
            
     

    深型ショーツのお客様の声

                              ★★★★★お客様の声(続編)★★★★★

    ♪♪♪***届いたショーツを見て、とても厚みがあって、シルクでこの厚さは初めてです。スタンダードなスタイルで深型でもスタイリングがキレイです。(40代)***♪♪♪

    ♪♪♪***HPの写真より実物の方が色がキレイでした。夏場でも汗をかいた感じがせず、厚みがあるのに空気の様で、はくのを忘れたかとチェックするほどです。(50代)***♪♪♪

    ♪♪♪***冬場はこちらのショーツが絶対です。今まで買っていたシルクショーツは薄かった。厚みと品質がお値打ち品だなぁと思いリピしました。(60代)***♪♪♪

    ♪♪♪***シンプルで飾りっ気のない上質なシルクショーツをずっと探していました。やっと出会えました。(60代)***♪♪♪



     

    『あなたのシルク歴は何年ですか?』
     

    と、お客様から聞かれました。お話を伺ってみると、シルク歴の長い方はお肌がとてもキレイだそうです。シルクのお好きな方や、昔から肌着はシルクと言う方のお話を聞くと、肌に直接触れるところは全てシルクにしてから、本当にお肌の状態が良くなったと伺いました。
    シルク歴の長い方はシルクの機能が良い結果に繋がっているのですね。

     
    シルクの機能
    シルクは保湿力と保温力、さらには速乾性にも優れ、身体の湿気をとります。汗はすぐに乾きベタベタしません。
    シルクは乾燥から肌を守り、美肌・美容効果が優れています。
    シルクには、フィブロインというタンパク質が含まれていて、シミの原因となる活性酸素を抑制し、シミやくすみを防止する効果が期待できます。

                    

     



     


     

  •  一般的な肌着とルルルの肌着の比較

     
      一般的な肌着 ルルルの肌着
    汗ばむ夏 何度も着替える 着替えなくてよい
    着たあとの汗臭さ 汗臭くなる あまり臭わない
    洗濯回数 回数が多い 回数が減る
    放湿性 時間がかかる すぐに乾く

     

    冷え対策♪冷え性の方も気持ちよく1日中快適です。

    ルルルシルクは着る栄養♪

    ~シルクは直接お肌に触れるところに着るのが一番です~
    冷え取り、寒がりの方におススメ♪
    身体の中心と手足を温めるのが肝心です。

    足元⇒「靴下の重ね履き」はシルクのソックスを先にはき、その上にウールなどの靴下で保温します。
    ボディ⇒肌に身に着けるのは最初にシルク、その上にシャツを重ね着します。
    下半身⇒羽衣ショーツの上にスパッツを重ねます。
    上半身⇒ブラキャミの上にラグランシャツ、更に肌着Tシャツを重ねると肩や背中、手首の冷えがとれます。
    リブ編みシャツは厚みもあり一枚でも暖かいです。
    首元⇒ 羽衣ハイネック二重ネットシャツで気持ちよく温めて空気が逃げないようにします。
    外出時は シルクウールの二重スカーフを巻くと効果的です。
    寝る時⇒寝ているあいだに大量に汗をかきますが浸透した汗は身体を冷やす原因になるので、湿気をとりすぐに乾くシルクパジャマをお勧めします。

    夏は長袖のシルクパジャマで肘や肩や足のエアコンの冷えを防ぎます。
    春秋の肌寒さを防ぐには、シルクパジャマの下にラグランシャツとスパッツをお勧めします。
    冬はシルクパジャマの下に肌着Tシャツとスパッツを着ると、ふんわりしなやかに冷えをとります。 リブ編みシャツは厚みもあり暖かいです。

    スウェットやジャージは生地が厚くて部屋着としては良いですが、寝間着としては寝返りがうちづらく、体全体の血行が滞り、冷えや肩こり、腰痛に繋がります。寝返りしやすい薄手のシルクパジャマで、眠りの質を向上させましょう。

    ルルルパジャマは、体を締め付けないゆったりしたデザインでお腹を冷やさないように長めです。
    腰、太ももを温めると下半身全身が温まります。お腹から太ももまで、ほかほかとした気持ちの良さ、目覚めの違いを感じることができます。ルルルシルクは機能性が高く、ふんわりとして気持ちが良いです。

  • 高級シルク100% ショーツ深型 お得な5枚組 レディース 厚手 洗濯機OK 冬の冷えを解決 お腹周りと腰を優しく包む カラー:黒 ベージュ ピンク サイズ:M L XL 冷え取り 敏感肌

  • 型番・品番

    JS1002

  • 販売価格

    8,625円(税込)

  • ポイント還元5%
  • 在庫

  • サイズ

  • お好きな色をお選びください♪

  • 購入数

 





 


 
 
ルルルシルクの洗濯方法
ルルル・シルクは乾きやすく、水分が残っているくらいで干しても、シワにならずきれいに乾きます。
風通しの良い日陰で自然乾燥、アイロンは不要です。

ルルル・シルク製品は、おしゃれ着洗い用等の中性洗剤をお使いください。
例:海へ...有限会社がんこ本舗、ドライアップ...サンスター(株)、エマール...花王(株)、
アクロン...ライオン(株)

シャンプーでも大丈夫です。さっと手洗いして、つるし干すだけでお手軽です。
リンス、トリートメントは不要です。

ご注意:タンブラー乾燥は使用しないでください。
(シルクはタンパク質で出来ているため、人間の皮膚と同じく熱に弱いので)


 




 






さなぎの命を環境の変化から守るためにシルク(絹)は様々な機能を備えています。
命を守るシルク(絹)の働きは、保温・吸湿・放湿・UVカットに優れています。





 
シルクギフトこだわり
《シルクを通してつながる、私とお客様の物語》

【はじまり】

シルクと私の出会いは、ヨーロッパ旅行中でのことでした。 イタリア滞在中、私はビンテージのお洒落なシルクのツーピースを買いました。
汗をかいてもベトつかず、速乾性があり、サラッとした肌触り。旅行中も心地よさがずっと続いていました。

長袖のシルクジョーゼットは、真夏の照りつける太陽から肌をやさしく守り、はんなりと身体を包まれている安心感がありました。
それ以来私はシルクのすばらしさに目覚め、今度はシルクの寝間着を探しました。

「あのシルクの肌心地を寝ている間にも感じられたら、どんなに気持ちいいだろう」 想像するだけで胸がいっぱいになりました。
私はシルクの寝間着を求めて、日本国内はもちろん、ソウル、上海、台湾、パリ、リヨン、フィレンツェ、ミラノ、トルコ、サンフランシスコなど、出かける先々でシルク製品を探しました。
ですが、エレガントで可愛らしいデザイン性のあるナイティは思うように見つけられませんでした。
そこで私は「ならば自分で理想のシルクを作ろう!」と思い立ったのです。


【最初の壁〜シルク産業の現実〜】

早速、シルクの生産地である中国紹興に行き、安く生地を仕入れようと問屋を探しました。

しかしそこで、思わぬ現実を知ることになります。シルクの取扱店はかつては3000軒もあったのに、今はわずか2軒という衰退産業だと聞かされました。
もはや、高級ブランドしかシルクの洋服を作らないと言うのです。

 

【どうしても諦めきれない!〜オリジナル生地にたどり着くまで〜】

どうしても諦めきれなかった私は、その後も地道に探し続けます。
そして、ようやく中国シルク研究所の工場にたどり着くことができ、ここで糸からシルクを織り、オリジナルの生地づくりを始めることにしました。

そして縫製工場や貿易会社には何度も出向き、ようやく待ちに待ったオリジナルの生地が完成しました。
紡績工場にオーダーしてから2ヶ月後のことでした。


【試行錯誤の日々〜染色からサンプル作成まで〜】
 
次は染色です。 染色は色落ちが心配なので、中国シルク工場の染色工場へ見学に行きました。
そこで、染色堅牢度(=日常での汗、洗濯、摩擦などに対する染色の丈夫さ)の高い染料を使い、欧米の高級ブランド同様の染色法で染めるという契約を交わし、染色を依頼しました。

染色工場で4色に染め上げられたシルクの生地は、上海から車で2時間の金山にある縫製工場に運ばれ、サンプルが作られます。

私はそこでも、半ば呆れられるほど何度も工場に出向き、納得のいくまで修正に修正を重ね、ついに心に響く製品が完成したのです。


【2年の歳月の結晶〜ルルル商品の誕生〜】

こうして2年の歳月をかけ、機能性とデザイン性を兼ね備えた、念願の美しいシルクのナイティがついに完成しました。
ルルルの商品の第1号の誕生です。

【シルクの旅は続く〜私からお客様へ〜】


シルクに目のない私のこだわりが、たっぷり詰まったこれらの商品が、皆様のお気に入りになりますよう、お手元まで丁寧にお届けいたします。
そんな「人とシルクのつながりの可能性」をもっと世に広めたい、そう常々願っております。

人が代々つながっていくように、シルクを通して人と人がつながっていく・・・。

こうして私がたどった「シルク探求の旅」から、次なる「シルクがお客様のもとへ渡る旅」の、橋渡しのお役目を果たせることは、シルクを愛してやまない者の醍醐味だと思っております。
そんなシルクたちは私のもとを離れ、今度はお客様のもとで新たに「お客様とシルクの物語」を描いていきます。
ヨーロッパ旅行中に偶然イタリアで始まった、私とシルクの物語。

~シルクを手にしたお客様の暮らしが、日々、心地よく穏やかでありますように~

株式会社ルルル 取締役 碇谷晶子




〜 ルルルの思い 〜

シルクの日常着ではじまる一日の素晴らしさを、世界中の女性へ届けたい。

シルク糸で作られた、肌着やパジャマを日々の暮らしに取り入れることで これまで気づかなかった本来の「私らしさ」に気づく。

それは着心地や肌触りから感じる、女性ならではの「美しさ」という心地。

シルクが奏でる軽やかで上質な、肌着や部屋着で 女性のくつろぎの時間に、そっと花を添えつづけていきたい。

(※シルク糸=カイコの繭から作られた天然のアミノ酸やたんぱく質から構成されており、人間の皮膚と同じ成分と言われています。)
【 営業日14時までのご注文分は当日に発送いたします。 】